Tokyo 東京

【オフィスビル紹介】六本木ヒルズ森タワーを徹底解説!

2024.03.28 更新

この記事をシェアする

オフィス移転仲介のプロがご紹介する、オフィスビル紹介シリーズ!
今回は、六本木エリアの大型オフィスビル六本木ヒルズ森タワーのご紹介です。

ビルエントランス、エレベーターホール、共用部分、オフィスフロア、ビル設備などをご紹介しています。
図面や360度VR内覧動画もあるので、ぜひご参考にしてください!

\この記事はこんな人へおすすめ/

六本木ヒルズ森タワーについて詳しく知りたい人
駅チカオフィスをお探しの人
六本木周辺エリアでオフィスをお探しの人

物件概要

ビル名:六本木ヒルズ森タワー
住所:東京都港区六本木六丁目10番1号
交通:
日比谷線「六本木」駅1C出口直結/都営地下鉄大江戸線「六本木」駅3出口徒歩4分/都営地下鉄大江戸線「麻布十番」駅7番出口徒歩5分/南北線「麻布十番」駅4出口徒歩7分/千代田線「乃木坂」駅5番出口徒歩10分
竣工:
2003年4月
構造:鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造(柱CFT)
規模:地上54階/地下6階
延床面積:379,408.63㎡
エレベーター:乗用32台、非常用4台
駐車場:あり

ご相談は無料!お電話でもどうぞ▽
0120-620-213

六本木ヒルズ森タワーについて

日比谷線「六本木」駅から直結するメトロハットをくぐった目の前の立地で、エリアを代表するハイグレードビル
別路線へも徒歩圏内でアクセスすることができ、主要エリアへのアクセスがしやすい点が魅力!
エントランスロビーやエレベーターホール、貸室扉などに非接触型ICカードキーが設置されているため、セキュリティも安心ですよ◎

六本木ヒルズ森タワー 外観縦

六本木ヒルズ森タワー 外観

六本木エリアについて

六本木は都内有数の繁華街とも知られており、「六本木ヒルズ」や「東京ミッドタウン」のほか、「麻布台ヒルズ」など大型商業施設が近隣に開業し、ますます賑わいをみせているエリア
外国人観光客はもちろん、ビジネスの拠点としても多くの外資系企業やIT企業がオフィスを構えています

六本木ヒルズ森タワーのアクセス

【日比谷線「六本木」駅からのアクセス】
今回は、日比谷線「六本木」駅からのアクセスをご紹介します!

アクセス1

日比谷線「六本木」駅 西麻布方面改札

日比谷線「六本木」駅西麻布方面改札を出ます。

アクセス2

1C出口方面へ進む

改札を出たら、1C出口方面へ道なりに進みます。

アクセス3

エスカレーターを上る

正面にあるエスカレーターを上り、まっすぐ進むと当ビルのエントランスに到着です!
※案内板に沿って右に曲がるとエレベーターもございます。

編集部

4路線3駅利用可能で利便性の高いエリアですよ♪

エントランス

エントランス

エントランス

1階エントランスはガラス張りのスタイリッシュな印象です◎

参考

【エレベーター】
■乗用エレベーター
・32基(22人乗り×2層)
・全5バンク

ご相談は無料!お電話でもどうぞ▽
0120-620-213

【オフィスビル紹介】森永芝浦ビルを徹底解説!

【オフィスビル紹介】六本木Dスクエアを徹底解説!

【オフィスビル紹介】LOOP-Xを徹底解説!

▷港区のオフィスビル紹介はこちら

六本木ヒルズ森タワーのオフィスフロア

続いて、オフィスフロアについてご紹介致します。
六本木ヒルズ森タワーのオフィスフロアは、広さ279.6坪(924.60㎡)です。

19階 平面図

19階 平面図

注意点

こちらでご紹介するオフィスフロアは内覧会開催時に撮影させて頂いたものです。

お問合せ時にはフロアが埋まっている可能性もございます。予めご了承ください。

オフィスフロア

貸室

貸室

貸室内は270坪超あり、広々としています◎
窓面も多く、採光がよく入る点も魅力ですよ!

貸室

貸室

照明を自在に配置できるフォレストシーリングシステムを完備しています。

給湯スペース

給湯スペース

貸室内には給湯スペースが設置されています。

編集部

収納スペースもたっぷり備わっているため、備品の保管にも便利ですね!

参考

【オフィスフロア設備】
■天井高:2,800mm
■天井仕様:システム天井(フォレストシーリングシステム)
■床構造:OAフロア 10cm
■基準階照明:ルーバー付照明
■平均照度:600lx
■基準階床荷重:500kg/㎡(一部800kg/㎡)
■空調
・VAV:VAV制御単位52㎡(7.2m×7.2m)
・AHU:1/4フロア毎に独立して設置
■冷却水対応:テナント供給用冷却塔実装
■冷水対応:取出口各階4ヶ所
■給排水設備:取出口各階九州4ヶ所、排水8ヶ所
■電気容量
・OAコンセント容量:40VA/㎡
・コンピュータ電源用:25VA/㎡
・コンピュータ室空調用:25VA/㎡
・大型事務機器用:10KVA/テナント(1/4フロア単位)

空調システム

VAVユニット

VAVユニット

約50㎡ごとにVAVユニットを設置し。そのVAVユニット単位で5段階の温度調節が可能。
空調の運転・停止といった操作もVAVユニットで構成されたグループごとに行えます◎

貸室内からの眺望

眺望

貸室内からの眺望

編集部

貸室内からは都心のビル群を見渡せます。

360度VR内覧動画

下の動画では、六本木ヒルズ森タワーのオフィスフロアをぐるっと360度ご覧いただけます。
実際に内覧している気分でぜひチェックしてみてください。

ご相談は無料!お電話でもどうぞ▽
0120-620-213

編集部

また、LINEでも会員限定の物件やシークレット情報を配信していますよ!
LINE友だち追加もお忘れなく♪

六本木ヒルズ森タワーの設備について

最後に、六本木ヒルズ森タワーの設備についてご紹介致します。

駐車場

※空き状況についてはお問い合わせください。

セキュリティシステム

セキュリティシステム

セキュリティシステム

建物の通用口から貸室扉まで5段階におよぶセキュリティシステムを導入し、それぞれにアクセスコントロール可能な非接触型ICカードキーシステムを採用

六本木ヒルズ森タワー まとめ

今回は、港区の大型オフィスビル「六本木ヒルズ森タワー」をご紹介しました。

4路線3駅利用可能な利便性の高いエリアに位置するオフィスビルです。
最寄駅から当ビルまではコンコースを通ってアクセスすることができるため、雨の日にも安心!

貸室内は270坪超の広々とした空間。
窓面も大きく開放感のある点が魅力です◎

敷地内には商業施設も入っているため、週末は賑わいにある印象ですよ♪

ぜひご検討頂き、少しでも気になればお気軽にお問合せください!

\お気軽にお問い合わせ下さい/

ご相談は無料!お電話でもどうぞ▽
0120-620-213

今回ご紹介したオフィスビルはライヴェックスでも仲介しております!

周辺オフィスビルもチェック!

その他、六本木ヒルズ森タワーと同じ港区のハイスペックビルやおすすめオフィスビルをご紹介しています。
あわせてチェックしてください。

【オフィスビル紹介】森永芝浦ビルを徹底解説!

【オフィスビル紹介】六本木Dスクエアを徹底解説!

【オフィスビル紹介】LOOP-Xを徹底解説!

▷港区のオフィスビル紹介はこちら

代表取締役 原島雄一郎

この記事を書いた人

代表取締役 原島雄一郎

1989年からオフィスビルの仲介営業に従事。2004年に株式会社ライヴェックスを創業して以来現役職。2024年3月現在で業歴35年 。

この記事をシェアする

  1. オフィスの総合情報サイト【OFFICE&】
  2. 東京
  3. 【オフィスビル紹介】六本木ヒルズ森タワーを徹底解説!

メルマガ登録のご案内

新着記事や
オフィス移転・
居抜きオフィスに関する
最新情報をお届けします!

メルマガ登録(無料)

オフィス移転のご相談

オフィス移転・事務所移転を
お考えの方、
賃貸事務所・賃貸オフィス・
貸事務所・
居抜きオフィスを
お探しの方は
ぜひご相談ください。

ご相談・お問い合わせ
PICK UP!

【YouTube】ライヴェックス公式YouTubeのチャンネル登録者数が160人を超えました!

東京・千葉・神奈川・埼玉の首都圏を中心にオフィス仲介を行っているライヴェックス。この度、おかげさまで公式YouTubeのチャンネル登録者数が160人を超えました! YouTubeではこんな動画を配信しています! YouTube公式チャンネルでは、下記のような動画を配信しています。 オフィスビル紹介 現在、大型ビル・新築ビル・ランドマークビルを中心に、オフィス

2023.08.21

【徹底解説】今話題の居抜きオフィスとは?セットアップオフィスとの違いは?

こんにちは、OFFICE&(オフィスアンド)編集部です。OFFICE&は、東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県の首都圏でオフィス移転の仲介を行っているライヴェックスが運営しているオフィス移転の総合情報サイトです。 今回は、年々入居者が増えている「居抜きオフィス」について、オフィス仲介のプロが徹底解説致します!また、居抜きオフィスと似ている「セットアップオ

2022.03.31

【比較表有】レンタルオフィスとサービスオフィスの違いは?コワーキングスペースやバーチャルオフィスも解説

新型コロナウイルスの影響もあり、リモートワーク(テレワーク)が定着しつつある現在。働き方も多様化して、オフィスに毎日通勤しなくても業務ができる環境となりました! 働く場所の選択肢の一つとして、「レンタルオフィス」や「サービスオフィス」、「コワーキングスペース」なども需要が高まっている状況です。 確かに、働き方の選択肢が増えた一方で、働く場所の違いが複雑になっ

2023.03.24

【最新オフィス情報をGET】ライヴェックスの公式SNSをフォローしよう!

東京・千葉・神奈川・埼玉の首都圏を中心にオフィス仲介を行っているライヴェックス。ピッタリなオフィスのご紹介・仲介はもちろん、内装工事やレイアウトデザインのご相談、お引越しや退去後のご相談までワンストップで一括サポート可能なところが魅力です! ライヴェックスでは、各SNSで様々なオフィス情報を発信しています。お好きなSNSをフォローして、最新のオフィス移転情報

2022.04.26

賃貸オフィス・
居抜きオフィスを検索する

SNS follow us