Marketprice オフィス相場情報・再開発情報

【速報】2022年9月の賃貸オフィスビル相場情報と今後の再開発情報

2022.10.04

オフィス相場情報・再開発情報

2023.11.08 更新

この記事をシェアする

賃貸オフィス相場情報

こんにちは、OFFICE&(オフィスアンド)編集部です。
OFFICE&は、オフィスに関するお役立ち情報をお届けする総合情報サイトです。

2022年9月のオフィス相場情報を速報でお届けいたします。
新築物件への入居をご検討の企業様や、オフィス移転で相場を参考に物件を探したい企業様は、ぜひ参考にしてくださいね!

【2022年9月】都心主要5区の平均坪単価

2022年9月の都心主要5区のオフィス相場(平均坪単価)は下記の通りです。

都心5区の空室率は6.5%で、供給過剰の目安となる5%を19ヶ月連続で上回っています。
平均賃料は坪20,250円。
下落は2020年8月以降25ヶ月連続となっています。

前月(7月)と比べ、上がっている場合は⇧・下がっている場合は⇩を入れていますので参考にしてください。

2022年8月の平均坪単価

千代田区
200坪以上:\18,500/坪➱
100坪~200坪:¥22,244/坪⇩
50坪~100坪:¥20,919/坪⇩
20坪~50坪:¥15,750/坪⇩
20坪未満:¥18,158/坪⇧

中央区
200坪以上:¥25,469/坪⇧
100坪~200坪:¥18,497/坪⇧
50坪~100坪:¥18,446/坪⇩
20坪~50坪:¥17,104/坪⇩
20坪未満:¥16,667/坪⇩

港区
200坪以上:¥20,057/坪⇧
100坪~200坪:¥17,100/坪⇩
50坪~100坪:¥19,306/坪⇧
20坪~50坪:¥18,458/坪⇧
20坪未満:¥21,381/坪⇧

新宿区
200坪以上:¥16,533/坪➱
100坪~200坪:¥18,770/坪⇩
50坪~100坪:¥19,730/坪⇧
20坪~50坪:¥16,901/坪⇩
20坪未満:¥14,475/坪⇩

渋谷区
200坪以上:¥40,000/坪⇧
100坪~200坪:¥25,514/坪⇩
50坪~100坪:¥23,810/坪⇧
20坪~50坪:¥20,664/坪⇩
20坪未満:¥19,002/坪⇩

主要5区
200坪以上:¥23,116/坪⇧
100坪~200坪:¥19,272/坪⇩
50坪~100坪:¥19,946/坪⇧
20坪~50坪:¥17,640/坪⇩
20坪未満:¥18,529/坪⇧

(参考)8月(前月)の都心主要5区

千代田区
200坪以上:\18,500/坪
100坪~200坪:¥22,770/坪⇧
50坪~100坪:¥21,218/坪⇩
20坪~50坪:¥15,803/坪⇩
20坪未満:¥17,782/坪⇧

中央区
200坪以上:¥24,000/坪➱
100坪~200坪:¥17,99/坪⇩
50坪~100坪:¥18,459/坪⇧
20坪~50坪:¥17,114/坪⇩
20坪未満:¥16,752/坪⇩

港区
200坪以上:¥19,335/坪⇩
100坪~200坪:¥17,157/坪⇧
50坪~100坪:¥19,063/坪⇧
20坪~50坪:¥18,339/坪⇧
20坪未満:¥21,125/坪⇧

新宿区
200坪以上:¥16,533/坪➱
100坪~200坪:¥19,044/坪⇩
50坪~100坪:¥18,866/坪⇧
20坪~50坪:¥17,126/坪⇧
20坪未満:¥14,641/坪⇩

渋谷区
200坪以上:¥34,475/坪⇧
100坪~200坪:¥26,114/坪⇩
50坪~100坪:¥23,256/坪⇩
20坪~50坪:¥20,788/坪⇧
20坪未満:¥19,100/坪⇩

主要5区
200坪以上:¥21,670/坪⇩
100坪~200坪:¥19,558/坪⇧
50坪~100坪:¥19,854/坪⇧
20坪~50坪:¥17,666/坪⇧
20坪未満:¥18,443/坪⇩


その他のエリアの相場情報は【こちら】を押してご確認ください。

今後のオフィス市場の動き

今後のオフィス供給量は、大規模ビルに限っても、2022年の約48㎡が2023年には128万㎡に跳ね上がる見通しです。

2022年竣工・2023年3月グランドオープンの「東京ミッドタウン八重洲」は、2022年9月に先行オープンしました。
都心部での大規模複合開発プロジェクトの完成が相次ぐ2023年問題では、「虎ノ門・麻布台プロジェクト」「虎ノ門ヒルズ ステーションタワー」「東京三田再開発プロジェクト・オフィスタワー」「渋谷駅桜丘口地区市街地再開発事業」など、2023年に大規模オフィスを備えた再開発が竣工します。

新型コロナの影響で上昇した空室率は改善傾向にあります。
ただし、賃料下落幅が減少したとしても、2023年問題の影響もあり立地で劣る既存ビルは苦戦が予想されています。

賃貸条件については募集床が多くなったビルを中心に、FR(フリーレント)を用いた条件緩和で入居者の誘致を急ぐ動きが広がっています。
新規契約のうち1日以上の付与率は75%、6ヵ月以上付与率は17.5%となっています。
全契約の平均FR月数は2.6ヶ月程度とFRを付与する事が大きく浸透してきていることが分かります。

▼「フリーレント」についてはこちらより

【オフィス移転用語】知らないと損!?お得にオフィス移転ができる「フリーレント」とは

今後(近年)の主なオフィスビル開発や再開発エリアについて

東京の風景

今後の主なオフィスビルの開発については、下記の通りです。

2022年~2024年の開発予定大規模オフィスビル(千代田区)

2023年3月:東宝日比谷プロムナードビル(地上階11階/延べ床面積17,000㎡)
2023年6月:損保ジャパン霞が関ビル(地上階16階/延べ床面積25,000㎡)

参考

東京駅北側では、三菱地所の日本一高い390mの高層ビル「Torch Tower」が2027年度までに建設予定。
これまでは大阪の「あべのハルカス」が高さ300mで日本一高いビルでしたが、それを抜く日本一高い高層ビルとなっています。

 

また、2028年度・2029年度・2030年度には、「TOKYO CROSS PARK サウスタワー(地上階43階/延べ床面積310,000㎡)」「TOKYO CROSS PARK セントラルタワー(地上階46階/延べ床面積370,000㎡)」「TOKYO CROSS PARK ノースタワー(地上階46階/延べ床面積270,000㎡)がそれぞれ竣工予定。

2022年~2024年の開発予定大規模オフィスビル(中央区)

2022年8月:ヤンマー東京ビル(地上階14階/延べ床面積22,000㎡)
ヤンマー東京ビルにはサービスオフィス「サーブコープ」の新拠点もオープンします。

【2023年2月新オープン】サービスオフィス・コワーキングスペース「サーブコープ ヤンマー東京ビル」

2022年8月:東京ミッドタウン八重洲 A-1街区(地上階45階/延べ床面積284,000㎡)

参考

「東京ミッドタウン八重洲」は、地上45階建てと地上7階建ての2棟からなります。
再開発が多数進行中の八重洲日本橋エリアの中でも、存在感のあるランドマーク的ビルとなりそうです。

 

「東京ミッドタウン八重洲」の最高層部には、高級ブランドで有名な「ブルガリ」が展開する「ブルガリホテル」が入居する予定で、大変注目を集めています。
また、中〜高層部はオフィス、低層部には商業施設や大規模なバスターミナル、小学校など多様な機能が入居する予定です。

2024年2月:晴海三丁目計画 オフィス棟(地上階20階/延べ床面積43,000㎡)
2024年4月:新TODAビル計画(地上階28階/延べ床面積95,000㎡)

2022年~2024年の開発予定大規模オフィスビル(港区)

2023年初旬:東京三田再開発プロジェクト オフィスタワー(地上階42階/延べ床面積200,000㎡)
2023年3月:虎ノ門・麻布台プロジェクト メインタワー(地上階64階/延べ床面積461,000㎡)
2023年4月:田町タワー(地上階29階/延べ床面積113,000㎡)
2023年7月:虎ノ門ヒルズステーションタワー(地上49階/延べ床面積238,000㎡)
2023年11月:虎ノ門二丁目地区再開発 業務棟(地上階38階/延べ床面積181,000㎡)
2024年8月:赤坂トラストタワー(地上階43階/延べ床面積208,000㎡)
2024年度:芝浦一丁目プロジェクト S棟(地上階43階/延べ床面積551,000㎡)

参考

浜松町東芝本社の再開発は、2029年度の完成予定で235mの高層ビルが2棟建設される予定です。

2022年~2024年の開発予定大規模オフィスビル(新宿区)

2023年3月:住友不動産西新宿5丁目プロジェクト(地上階35階/延べ床面積91,000㎡)
2024年11月:新宿区東五軒町トーハン旧本社跡地計画(地上階7階/延べ床面積12,000㎡)

2022年~2024年の開発予定大規模オフィスビル(渋谷区)

2023年3月:渋谷区道玄坂二丁目開発計画(地上階28階/延べ床面積42,000㎡)
2023年11月:渋谷駅桜丘口地区再開発 A街区(地上階39階/延べ床面積185,000㎡)
2024年4月:住友不動産新宿南口ビル(地上階18階/延べ床面積24,000㎡)
2024年5月:渋谷二丁目17地区再開発(地上階23階/延べ床面積45,000㎡)

代表取締役 原島雄一郎

この記事を書いた人

代表取締役 原島雄一郎

1989年からオフィスビルの仲介営業に従事。2004年に株式会社ライヴェックスを創業して以来現役職。2024年3月現在で業歴35年 。

この記事をシェアする

  1. オフィスの総合情報サイト【OFFICE&】
  2. オフィス相場情報・再開発情報
  3. 【速報】2022年9月の賃貸オフィスビル相場情報と今後の再開発情報

Keyword 注目のキーワード

オフィス移転 オフィスビル紹介 港区 中央区 千代田区 お役立ち情報 レンタルオフィス サービスオフィス 再開発 コワーキングスペース 相場情報 品川区 渋谷区 江東区 新築ビル 新宿区 NEWOPEN セットアップオフィス 横浜市 PMOシリーズ 移転事例 みなとみらい 千葉県 居抜きオフィス 文京区 台東区 インタビュー CIRCLESシリーズ 神奈川 千葉市中央区 千葉市美浜区 目黒区 メリットデメリット SNS 五反田 西五反田 世田谷区 豊島区 日本橋 中央区日本橋 セントラルスクエア サービス紹介 さいたま市 商業施設 BIZCOREシリーズ 神奈川区 日本橋セントラルスクエア 初期費用 フリーレント 幕張 用語集 シェアオフィス バーチャルオフィス 大田区 YouTube 中野区 新子安 保土ヶ谷区 立川 東戸塚 戸塚区 溜池山王 森JPタワー 赤坂 退去 北区 多摩市 オシャレオフィス 武蔵野市 新宿 フォレストゲート代官山 Forestgate Daikanyama JPタワー Shibuya Sakura Stage shibuya_sakura_stage 六本木 港区六本木 川崎 板橋区 埼玉県 海老名市 プレミアムオフィス VORTシリーズ インキュベーションオフィス オフィス比較 エグゼクティブセンター 働き方改革 麻布台ヒルズ 銀座 在宅ワーク 原状回復 後楽園 リモートワーク テレワーク 移転スケジュール 墨田区

メルマガ登録のご案内

新着記事や
オフィス移転・
居抜きオフィスに関する
最新情報をお届けします!

メルマガ登録(無料)

オフィス移転のご相談

オフィス移転・事務所移転を
お考えの方、
賃貸事務所・賃貸オフィス・
貸事務所・
居抜きオフィスを
お探しの方は
ぜひご相談ください。

ご相談・お問い合わせ
PICK UP!

【YouTube】ライヴェックス公式YouTubeのチャンネル登録者数が170人を超えました!

東京・千葉・神奈川・埼玉の首都圏を中心にオフィス仲介を行っているライヴェックス。この度、おかげさまで公式YouTubeのチャンネル登録者数が170人を超えました! YouTubeではこんな動画を配信しています! YouTube公式チャンネルでは、下記のような動画を配信しています。 オフィスビル紹介 現在、大型ビル・新築ビル・ランドマークビルを中心に、オフィス

2023.08.21

【徹底解説】今話題の居抜きオフィスとは?セットアップオフィスとの違いは?

こんにちは、OFFICE&(オフィスアンド)編集部です。OFFICE&は、東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県の首都圏でオフィス移転の仲介を行っているライヴェックスが運営しているオフィス移転の総合情報サイトです。 今回は、年々入居者が増えている「居抜きオフィス」について、オフィス仲介のプロが徹底解説致します!また、居抜きオフィスと似ている「セットアップオ

2022.03.31

【比較表有】レンタルオフィスとサービスオフィスの違いは?コワーキングスペースやバーチャルオフィスも解説

新型コロナウイルスの影響もあり、リモートワーク(テレワーク)が定着しつつある現在。働き方も多様化して、オフィスに毎日通勤しなくても業務ができる環境となりました! 働く場所の選択肢の一つとして、「レンタルオフィス」や「サービスオフィス」、「コワーキングスペース」なども需要が高まっている状況です。 確かに、働き方の選択肢が増えた一方で、働く場所の違いが複雑になっ

2023.03.24

【最新オフィス情報をGET】ライヴェックスの公式SNSをフォローしよう!

東京・千葉・神奈川・埼玉の首都圏を中心にオフィス仲介を行っているライヴェックス。ピッタリなオフィスのご紹介・仲介はもちろん、内装工事やレイアウトデザインのご相談、お引越しや退去後のご相談までワンストップで一括サポート可能なところが魅力です! ライヴェックスでは、各SNSで様々なオフィス情報を発信しています。お好きなSNSをフォローして、最新のオフィス移転情報

2022.04.26

賃貸オフィス・
居抜きオフィスを検索する

SNS follow us