1. オフィスの総合情報サイト【OFFICE&】
  2. オフィス移転関連
  3. 【オフィス移転用語】知らないと損!?お得にオフィス移転ができる「フリーレント」とは
Office Relocation オフィス移転関連

【オフィス移転用語】知らないと損!?お得にオフィス移転ができる「フリーレント」とは

2022.04.14

オフィス移転関連

2022.05.17 更新

この記事をシェアする

こんにちは、OFFICE&(オフィスアンド)編集部です!
OFFICE&は、東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県の首都圏でオフィス移転の仲介を行っているライヴェックスが運営しているオフィス移転の総合情報サイトです。

今、この記事を読んでいる方は、オフィスが古くなったり、人員の増減による拡張・縮小などでオフィス移転を検討している方が多いのではないでしょうか。

オフィス移転を検討していると、どうしてもコスト面での高い壁がありますよね。

オフィス移転って、とんでもなく費用がかかってしまう!
すこしでも移転費用を削減できたら…

そんな風に考えている皆さんへ!
今回は、初期費用を削減できる大変お得な物件「FR(フリーレント)」についてご紹介したいと思います。

FR(フリーレント)とは

フリーレントとは、貸主側が定めた一定期間の賃料を免除される契約内容のことです。
エリアや物件によっては、何と12ヶ月フリーレントもあり、賃料が免除される期間は物件によって様々!
賃料が免除されれば、その分初期費用も大幅に削減できてとってもお得ですよね。

フリーレント6ヶ月の物件の場合は、最初の6ヶ月分の賃料が免除されます。
例えば、1ヶ月の賃料が200万円だった場合、何と1200万円分の賃料が削減できるということです!!

注意点

ただし、共益費や管理費などは含まれないことが多いので、その分の費用は発生する可能性があることは頭に入れておきましょう。

FR(フリーレント)物件のメリット

フリーレント物件のメリットは、先ほども述べた通り、やはり初期費用をグッと削減できることです。

また、オフィス移転期間中は、早めに新オフィスを契約した場合や新オフィスの内装工事中などに、退去する旧オフィスと次に入居する新オフィスへ家賃の二重払いが発生してしまうことが多々あります。

家賃を二重に払うとなるとかなりの負担となってしまいますが、フリーレント物件なら、フリーレント期間中は二重払いを避けることができますね。
その分、新オフィスの内装造作のグレードを上げたり什器などを新しく揃えるなど、新しいオフィスを快適に過ごすための費用に充てることもできますよ。

なぜ家賃が免除されるの?

家賃が免除されるなんて、何か訳ありなんじゃない?

決してそんなことはありません!

ビルオーナー様にとって、空室が続き家賃収入が得られないことはどうしても避けたいこと。
そのため、最初の何ヶ月分の家賃収入は得られなくても、契約をすればその後の収入は安定して得ることができるため、フリーレントにしてでも契約に繋げるために行っているのです。

特に近年では新型コロナウイルスの影響でリモートワークやオフィスの縮小が進み、空室が出ているオフィスビルも増えています。
グレードの高いビルでもフリーレントでお得に入居できるチャンスです!

ただし、フリーレントだけに絞って物件を探すことはオススメしません。
オフィス移転では、家賃以外にも敷金・礼金・共益費・引っ越し費用など様々な費用が発生するため、総合的に考えて物件を選ぶようにしましょう。

フリーレント物件で気を付けること

お得でメリットしかないように思えるフリーレント物件ですが、気を付ける点もあります。
それは、フリーレント期間だけ利用されないよう「短期違約金」などが定められていることが多いことです。

フリーレント期間だけ入居して、その後すぐにまた退去されては、貸主(ビルオーナー)様も困ってしまいますよね。
そのため、フリーレントでは半年や一年などの短期間で解約しようとすると違約金が発生することがありますので、ご注意ください。

対象期間や違約金の料金などは、契約の際に確認しておきましょう。
また、短期間で契約しなくても大丈夫なように、今後の人員の増減や会社の動きを把握して長く入居できる物件かどうかをしっかりと判断してくださいね!

フリーレント物件は期間限定のキャンペーンもありますので、興味がある場合は早めの問合せが良いですよ。

詳細&フリーレント物件紹介をご希望の方はこちらより

初期費用を削減したいなら居抜きオフィスもオススメ!

フリーレント物件と同じように、初期費用を削減してオフィス移転をしたい場合は、「居抜きオフィス」への入居もオススメです。
居抜きオフィスなら前入居者が使っていたオフィスをそのまま利用できるので、内装造作費などの初期費用を大幅に削減することができますよ。

初期費用を削減したい場合は、居抜きオフィスについてもチェックしてみてくださいね。

居抜きオフィスについてはこちらもチェック▼

【オフィス移転のポイント】原状回復費用を削減するお得な方法とは?

【徹底解説】今話題の居抜きオフィスとは?セットアップオフィスとの違いは?

大きなトラブルにならないために!居抜きで退去するポイントを要チェック

この記事をシェアする

Related Article 編集部おすすめ記事

オフィス移転のご相談

オフィス移転・事務所移転を
お考えの方、
賃貸事務所・賃貸オフィス・
貸事務所・
居抜きオフィスを
お探しの方は
ぜひご相談ください。

ご相談・お問い合わせ
PICK UP!

【オフィス移転用語】知らないと損!?お得にオフィス移転ができる「フリーレント」とは

こんにちは、OFFICE&(オフィスアンド)編集部です!OFFICE&は、東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県の首都圏でオフィス移転の仲介を行っているライヴェックスが運営しているオフィス移転の総合情報サイトです。 今、この記事を読んでいる方は、オフィスが古くなったり、人員の増減による拡張・縮小などでオフィス移転を検討している方が多いのではないでしょうか。

2022.04.14

【要チェック】居抜きオフィス移転の落とし穴!?注意したい3つのポイント

皆さん、居抜きオフィスをご存知でしょうか。近年増えている「居抜オフィス」への移転や「居抜での退去」など、居抜きはオフィス移転において新しい移転の形となってきています。 初期費用が削減できたり、原状回復費用が削減できたりと、嬉しいことがたくさんの居抜きオフィス移転ですが、気を付けておかないと後々またすぐに移転をせざるを得なくなる可能性も…!今回は、意外と見落と

2022.03.31

【最新オフィス情報をGET】ライヴェックスの公式SNSをフォローしよう!

東京・千葉・神奈川・埼玉の首都圏を中心にオフィス仲介を行っているライヴェックス。ピッタリなオフィスのご紹介・仲介はもちろん、内装工事やレイアウトデザインのご相談、お引越しや退去後のご相談までワンストップで一括サポート可能なところが魅力です! ライヴェックスでは、各SNSで様々なオフィス情報を発信しています。お好きなSNSをフォローして、最新のオフィス移転情報

2022.04.26

賃貸オフィス・
居抜きオフィスを検索する

SNS follow us